オフィス

矢作建設工業株式会社様 葵センタービル1階 ミーティングラウンジ新設工事

納入日:2017年6月
クライアントHP:https://www.yahagi.co.jp/

中部地方を拠点とし、全国に事業を展開されている企業様。
建築、土木、不動産等、それに付帯する事業を取扱い、お客様に最適なソリューションを提供し続けている、総合建設会社です。
個々の専門性と、高い提案力が高い評価を集め、魅力のある街づくりを実現されています。
今回の案件では、基本設計を、クライアント様の設計部門が行い、弊社では、家具選定やレイアウト相談などのサポートを担当させて頂きました。


エントランス
お客様のご要望
エントランス
本社オフィスの改装に伴い、各部署や、グループ企業が各階に個別で設けていた、商談スペースを1階に集約。
スペースの効率化と共に、企業の顔となるエントランスを、デザイン性が高いラウンジへと発信したい。
 
課題解決
エントランスでは、湾曲する壁面に合わせたルーバーに特徴があり、それに合わせたシャープさや重厚さが求められました。
選定した製品は、空間に合わせて、全て色・サイズ共に特注で対応しています。

フォーマルゾーン 応接室
お客様のご要望
フォーマルゾーン 応接室
お客様ごとの来社目的に合わせ、空間を分ける為、それに応じた家具を選びたい。フォーマルゾーンでは重厚感を重視。
 
課題解決
どの空間でも、ご要望頂く内容の条件が高く、間仕切、テーブル、イス、コートハンガーに至るまで、多くの製品を実際に体験して頂き、サイズの確認や調整をしながら進めました。

【カジュアルゾーン ミーティングスペース
お客様のご要望
カジュアルゾーン ミーティングスペース
お客様ごとの来社目的に合わせ、空間を分ける為、それに応じた家具を選びたい。カジュアルゾーンでは軽快感を重視。
 
課題解決
フォーマルゾーンに対比するように、明るくカラフルな家具を選定。
圧迫感を軽減するガラスローパーティション、軽快なカラーバリエーションの家具を選定。



エントランス 外観

メイン道路に面したエントランスアプローチ。

エントランス 内観

素材感のある木のルーバーを、規則的に湾曲して並べた壁と、石の床で演出された、重厚感のあるエントランス。

エントランス 待合

合わせる家具は、素材や空間形状に合わせて選定。

フォーマルゾーン 廊下・展示スペース

落ち着いた色づかいでしつらえてある展示コーナーの前には、高級感のある間仕切を設置。
【間仕切】

フォーマルゾーン 応接室

高級感のある応接室。テーブル、イス、壁、電話台、コートハンガーに至るまで、吟味して選定。 【テーブル】【チェア】【間仕切】

カジュアルゾーン ミーティングスペース

多くの方が利用。気軽な雰囲気を出すために、色遣いを全体的に柔らかく設定。ローパーティションはガラスで抜け感を出し、圧迫感を与えません。【テーブル】【チェア】【ローパーティション】

カジュアルゾーン 打合せ室

明るい雰囲気の中、必要に応じて個室も配置。
【テーブル】【チェア】【間仕切】