お知らせ

ワークテーブル「SENTIR(センティア)」を開発

~オフィス家具の概念を変える!自分らしく働くことができる空間を構成~

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長執行役員:黒田 英邦)は、感性を刺激し居心地のよいオフィス空間を提供するワークテーブル「SENTIR(センティア)」を開発し、8月初旬からオフィスデザイナー等へ先行提案を開始し、本年12月末予定で発売します。

近年は、働き方改革の推進等により、オフィスだけでなく、自宅やカフェ等を活用しながら、時や場所を自らで選択し、自分に合う居心地のよい環境で執務するワークスタイルが普及し始めています。
今回開発した「SENTIR」は、従来の画一的なオフィス空間ではなく、リビングやカフェのような居心地がよく、自分らしく働くことができる空間をイメージしながら、まるでファッションのコーディネートをするような感覚で、ワークテーブルの仕様や表面仕上げを選択することができる、今までのオフィス家具にはない発想を取り入れたワークテーブルです。
テーブルの表面や脚は、当社独自の表面仕上げ製法を採用。革新的な技術で、2000通り以上のトレンドを取り入れたデザインバリエーションをラインアップし、常に今求められるデザインを見つけることができます。まるでオーダーメイドのような選び方がスタンダードで手に入る、従来のオフィス家具の概念を変えるチャレンジを実現しました。
なお、バリエーションや素材等の詳細は、今後、商品サイトで順次公開、発信いたします。

〇発売予定:2018年12月末予定
〇メーカー希望小売価格(本体税抜価格):ワークテーブル(両面タイプ)W2000mm×D1200mm 296,000円~、他
〇年間販売目標 :3億円(2019年度)

ワークテーブル表面仕上げ材は木目柄20種、天板エッジ形状は2種、配線カバーデザインは2種、脚部表面仕上げ材は計25種(木目柄20種と塗装色5種)、脚形状は2種をそれぞれ用意し、カラーバリエーションとディテールの組み合わせが計2000通り以上から選べます。

ワークテーブルの天板は、独自の製法により継ぎ目が目立ちにくく、また極限まで異素材を排除した構造を採用し、素材感が美しく際立つデザインに仕上げています。スリムな配線機能は天板奥行を最大に広く活用できるとともに、コンセントの抜き差しのしやすさなど、独自の工夫も施し、スペースの広さと使いやすさの両立を実現しました。

オフィス家具の概念を変える発想で、天板や脚部の表面仕上げ材の多様なバリエーションを提供するため、当社独自の表面仕上げ製法を採用し、カラーや素材の最新トレンドにあわせたオフィス空間を提案します。

ワークテーブル「SENTIR(センティア)」商品紹介サイト

※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594