ウェルビルディング・スタンダード

ウェルビルディング・スタンダード

ウェルビーイングの向上を目的にした、 建物と室内環境の国際的な 認証制度のことです。

ウェルビルディング・スタンダード

「WELL 認証」とも呼ばれる、人と健康に焦点を当てた世界初の認証制度。評価対象は、ビル、内装、そして共用設備。認証レベルにはプラチナ、ゴールド、シルバーの3種類があり、評価項目は大きく以下の7つの概念に分類され、約100個の要素で認証が判断されます。

1.Air(空気):最適な室内空気を提供するために、空気中の汚染物質を除去、など。
2. Water(水):最適な水質を提供するためのろ過、汚染物質を除去、など。
3. Nourishment(栄養・滋養):健康食品にアクセスできる設計上の特徴、健康的な食習慣を促す施策、など。
4. Light(照明):業務に応じた照明レベルと品質を担保する設計。窓の性能、デザインなど。適切な光を通じて睡眠、エネルギー、生産性の向上に寄与しているか。
5. Fitness(運動):運動を奨励するための設計。各種の運動の機会が数多くあるか。
6. Comfort(快適性):邪魔の入らない、生産的な、室内環境の形成。音、温度への配慮、など。
7. Mind (心):心理 状態の健康をサポートする配慮がされているか。デザイン的要素による配慮、リラクゼーションスペース、最先端の技術によるサポート、など。


出典:IWBI (International WELL Building Institute)